コンテンツへスキップ

「フリスビー・ガム」を使っての太鼓づくり

ある日、子どもたちがミニ太鼓を持っていた。
ちょっといい。結構いい。すごっくいい。
私も欲しくなったのでまずはおじさんらしく根掘り葉掘り聞いてみた。
まず、学校の授業で作ったとのこと。
何の授業?
どうして作ったの?という理由には
いつもの「知らーん、わからーん」が帰ってきた。
学校の先生も折角、生徒のために考えた教材なんだろうけど
これが現在の教育現場の現状か?
でも、私たちもかつて自分たちも何もわからずに言われたまま
いろいろな教材を作ったことあったから、
今も昔も変わらないということかもね。
さて、そんなわけでここのところブルースに填まっているおじさんとしては
この太鼓をブルースやジャズのパーカッションとして使えるように作ってみることにしたのだ。
いろいろな資料ではバチで太鼓を叩くことになっているが前述のとおり
ブルースやジャズのパーカッションとして使いたいので
バチは使わずに手で叩くことを基本と作ってみた。
これから、材料・道具・作り方・注意点などをここに書くね。

 

1:ミニ太鼓を安価な材料で作る方法 TOSS四日市  磯部 智義

2:手作り太鼓に挑戦!【馬場パパさんからの投稿】~自作太鼓にチャレンジ~
「相洋太鼓を応援するページ」管理人 馬場パパ

3:「ハンドメイド和太鼓」のページにようこそ!  自分で和太鼓を作ってみよう!