アクアボトルの挑戦

夏休みの子ども観察用のアクアボトル試作品に入れてあったミナミヌマエビが頑張って生きている。
600ccの水しか入らないところに2匹を押し込んだところ
予想通り1匹はダメになった。
残った1匹は頑張っているのだ。
1匹に要する水の量は1リットルといわれているので1匹の生存でいっぱいの状態なんだなと再確認した。
では、どうして2匹入れたか見てくれだけの問題である。
生きものは2匹入っているとつがいの様に見えて見栄えがいいよな
ここでも人間のエゴだよ
ごめんね

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA