水槽3の様子(4月11日)

水槽3の様子です。


クロモが気になります


この水草が気になります。


この水草を調べたところ
特定外来生物「オオフサモ」であることがわかりました。
環境省のデータブックによればアリノトウグサ科の抽水性の多年草で、水面からの高さは0.2~0.3m。温帯~熱帯に分布する。耐寒性があり、湖沼、河川、池、水路、一部の休耕田に生育する。浅水中に群生する。 開花期は6月頃。雌雄異株。日本では雌株のみで、種子生産は確認されていない。栄養繁殖が旺盛で地下茎で繁殖する。日本では殖芽をつくらない。
おもに根茎で越冬するが、九州では地上部も完全に枯死することなく越冬し、クリーク雑草では最も早い3月中旬頃から生育を開始する。閉鎖的なクリークで局部的に発生することが多い。となっています。
私はもう10年以上前にメダカの水草として知らずに採取して来てしまいました。
私のところから出ることはないので大丈夫ですが栽培には許可がいり、普通には育てられないことがわかったのでこの機会に絶滅させます。

全ての水槽から根から取り除いて天日に干して乾燥させてから焼却ゴミとして出します。
ひょっとして再度出てくるようなことがあるかもしれないのでその時は完全に絶滅するまで何度でも繰り返してこの作業を行うつもりでいます。
「知らぬ」ということの恐れしさですね。ごめんなさい。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP