オフィスソフトを無料で使う

 

 

 

私たちがパソコンを使う多くの理由のひとつに文書や表計算をするためのビジネスソフトを使うということがあると思うのですが,高額のビジネスソフトを使っている人はいないでしょうか?

ビジネスソフトの集まりをオフィススイート(office suite)というのです。

パソコンの世界でのスタンダードはMicrosoft Officeです。
他にはジャストシステムが販売している「JUST Suite」
AppaleがMacintosh向けに販売している「iWork」などがあります。

ワード・エクセル・パワーポイントとソフト間の連携もいいので多くの方は利用しているのでしょう。

でも,このオフィススイートよりもっと高機能で,何より無料という大きな魅力をもっている「LibreOffice」というオフィススイートを私は利用しています。

LibreOfficeを構成するワープロソフトや表計算ソフト,プレゼンテーションソフトなどのアプリケーションでは「ユーザーインターフェースが統一されている」「共通した機能が用意されている」「緊密なアプリケーション間連携が可能であるよう工夫されている」などの利点があります。
ですから,それぞれのアプリケーションを単体で使うよりも生産性が向上します。

ところでこれまでの問題点としてファイルのフォーマット(ファイル形式)に互換性がないというのが普通でした。
ご推察のようにソフト・アプリを売るためには必要なことだったのですが,
最近では,オフィススイートで用いられる文書フォーマットの形式として,XMLベースのファイル形式を採用して互換性を実現していこうという動きが生じており,OpenDocument FormatやOpen XMLなどの新たな文書フォーマットが登場していて互換性の問題のなくなるように変化してきています。だから,心配はいらないと思います。

そこで,これから私のブログでは「LibreOffice」の記事を増やしていこうと考えています。

どうぞよろしくお願いします。

まずはLibreOfficeに含まれているアプリの名前をご紹介します。

Writer – ワードプロセッサー
Calc – スプレッドシート(表計算)
Impress – プレゼンテーション
Draw – 図形
Base – データベース
Math – 数式エディタ
Charts – グラフ

以上6つのアプリで仕事を進めていきます。