一日一言(五月一日)

投稿者: | 2019-05-01

新渡戸稲造著

五月一日
「我(が)」のある間は出来ぬし、真の善事も出来ぬ。誠を遂ぐるに最も邪悪となるものは「我」である。才能や学問なき人でも、我を棄ててかかれば必ず心は安く、仕事は成る。
   惜しと思ふ我が身一つを捨てぬればこの世ほどなる楽みはなし
   殺せ殺せ我身を殺せ殺し果ててにもなきとき命始まる

 

 今日、2019年5月1日は元号が「平成」から「令和」に改元された日である。
この日にこのような教訓を得るとは的を得ているような気がしてならない。
これからこの教えのもとに活動していきたいものだ。
新しい時代を作るのは新しい感覚を持った人とこれまでの感覚を持った人が協力し合ってことに当たらなければならない。
 それには自分を捨てることも大切になるであろう。